読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うどんとクリーニング

(2015/9/07)

うどんが食べたいなと思った。


20歳になって、(高校時代よりは)色んなものを食べる機会を得たが、未だに高校の修学旅行で食べた高松の讃岐うどんが一番美味かった。


そして、そのうどんは恐ろしく美味いのに、これまた恐ろしく安かった。300円前後だった気がする。その恐ろしいほどの美味さとお財布に対する優しさから、昼飯を食いにきたサラリーマン風のおじさんで店内は溢れていた記憶がある。


うどんの事を考えていたらいてもたってもいられなくなった。
先日、高校の友人を仙台に向かい入れた時に、香川県の良さについて語られたこともあったのかもしれない。


思い立ったが吉日。


手帳を開きながら、高校、浪人時代を苦楽を共にした友人に連絡をとり

なんとか都合をつけ、西日本へ旅立つことにした。


しかし、決めたは良いものの多くの障害に突き当たった。

まず日程がかなりカッツカツであった。
私が仙台に帰ってくる日の次の日には、東京のバンドのレコ発イベント(9月24日 )に参加させてもらうことになっていた。

また、旅行日程がシルバーウィークとピッタリと被っていて、すでに新幹線やバスは満席のものがほとんど。移動手段の確保は難航を極めた。

普段から旅行に頻繁に行ったり、友達とのイベントを企画するのに慣れている者からすれば、
しっかり事前に友達と仲良く予定を立てて旅に臨むことなど朝飯前なのだろう。しかし、人を自分のプライベートに招き入れるのが苦手な私からすると、どうにも億劫で勇気が起きず、直前になってしまった。

 

極め付けは、今回の旅のツレがなかなか浮世離れしている奴で、連絡が中々スムーズに取れない。


以上のめんどくささもつのって

加えて、前々日にバイトに行く途中、段差につまづき自転車から投げ出された時にできた身体中のアザが痛んだこともあって


不貞腐れて、午前中一杯ベッドの上で松尾スズキ星野源のエッセイを読みながら
「なんだこいつら、人の心にするりと入り込むのが上手いな、チクショウ、チクショウ」と笑いながら怒っていた。


しかし、こんなことをしていてはダメだと思い立ち、シャワーを浴びて、近所の西友に内接するクリーニング屋にライブで着用したジャケットを出しにいった。

30代ぐらいの女性店員が、ジャケットを受け取り、確認しているのをぼうっと眺めていたのだが、おもむろにその店員がジャケットの胸ポケットから何かを取り出した。

それは紛うことなき、タンポンであった。

 


この前のライブイベントで、私達の前にでていた団体がステージ上でタンポンをばら撒いており、
私達のバンドの出番時にステージの上に悲しそうに転がっていたタンポンを何故か胸ポケットに入れていたのをすっかり失念していたのである。


焦る私。焦りすぎて思考が停止し、気付いた時には
「すいません、それ僕のです」
と口走ってしまっていた。

20歳前後の男が、クリーニング屋にてジャケットの胸ポケットに大切そうに入れていたタンポンを声高らかに自分の所有物であると宣言したのである。

その後、店員さんが気を使ってか、
苦笑交じりに
「こちらで捨てておきましょうか」と尋ねられるも丁重にお断りして店を後にした。

穴があったら入りたい。本日発売のJUMPに目もくれず、急いで自宅へ逃げ帰ったのだった。