White Surf style 5.

昨年末から、母校がある西東京の街に住むことになった。仙台に六年、尼崎に二年、合わせて八年間も地方都市で暮らしてきた僕にとって、この街は再スタートの地にぴったしだと思った。東京で新しく生活を始めるにしても、港区や品川区から始めるのはどこかし…

名付けること。

休日に会社に出た日のこと。昼休憩のタイミングで、近所の天ぷら屋に足を運んだ。そのお店は大型ショッピングセンター内にあり、カウンターのみの簡易な作りだが、味が確かなため評判のお店だった。この街で暮らして一年と半年、いつかは行ってみたいと思っ…

This is 俺の秘密。

僕はNUMBER GIRLというバンドが好きだ。ボーカルの向井秀徳は風変りな人なので色々と話題がつきないが、気に入っているエピソードがある。彼の左手の人差し指は一部が欠けているのだ。幼少期にエアコンの室外機に人差し指を突っ込み、欠けてしまったらしい。…

クロノスタシスは知ってます。

学生の頃、「文章を書いて、思いや欲求を相手に伝える」仕事を生業として、飯を食っていきたいなと思っていた。しかし、現在、僕は何の縁かわからぬが、システムエンジニアとして働いている。 システムエンジニアとして1年間働く中で、働き始める前に思い描…

ゾンビを乗せて、出世魚はどこまでも。

今年の始めのことだ。銀座線・渋谷駅の改装工事が年末年始の間に行われたというニュースを目にした。従来の銀座線・渋谷駅は非常に奇妙な駅で、地下鉄の駅であるにもかかわらず、ホームがビルの三階にあった。しかし、他の東京メトロ線渋谷駅はちゃんと地下…

コンビニ妖怪現る。

先日コンビニで考え事をしながら買い物をしていたら、無意識のうちに、購入前のチョコレートをコートのポケットに入れようとしていた。我に返ったが、時既に遅し。チョコレートは主が如く、ポケット内で神々しく鎮座ましましていた。 問題は、ここからである…

サイエンスのすすめ。

僕はサイが好きだ。三歳の時に動物図鑑でサイの姿を見てから、サイの魅力に取りつかれていた。鎧のような皮膚や頭部の大きな角に魅力を感じたためだ。 僕がサイに惹かれたきっかけはサイの外見だったが、徐々に生態にも関心を持つようになった。種類や生息地…

ドラゴンを育てる。

浪人生時代、予備校にユニークな物理講師がいた。彼は講義の合間に様々な雑談をして僕達を楽しませてくれたが、時折真面目な顔になり、 「受験勉強はとても大事なのだけど、傍で自分のドラゴンを育てる事にも取り組んでくれ。大学生や社会人になった時に活き…

頭ん中どうでも良いことばかりジジイ。

修士学生になってから、アルバイトで週に一回学部一年生に学生実験の指導をしている。実験準備は手順さえ覚えてしまえば全ての工程を流れ作業で行うことができる。実験の最中は実験の理論のところで混乱してしまっている学生を見かけたら、答えの一歩手前の…

友達のはなし

二年前の夏の終わりに友人の訃報が届いた。 短期バイトで知り合った仲間と飲んでいて、何気なく手元のスマートフォンを覗き込んだ時に、母からのメールで知った。一旦席を外して母に電話すると、坦々と彼の死と葬儀の日取りを伝えられた。急なことだったので…

神さまの夜

一年ぶりに歌詞を書いた。(もちろん曲も。) 少し内省的な内容になったけど、割と気に入っている。 soundcloud.com 安心のリズムの中 淡々と日々は続く 散々だ 飲みすぎたわ サイテーな 香りがする また夏の夜 月の川べに 悲しい事が 舞い降りてくる あなた…

君の名前で僕を呼んで

『Call Me By Your Name』(邦題:『君の名前で僕を読んで』) この映画にはFrank Oceanの『Self Control』 の歌詞を初めて読んだ時とおんなじ衝撃があった。 Self Control Frank Ocean Pop USD 1.29 provided courtesy of iTunes この曲は「I'll be the boyf…

my playlist

プレイリストを作って音楽を聴くのが好きだ。 僕のプレイリストをこっそりここに置いておく。何かをこっそり残して置くっていうのが好きだ。なんか小人になったみたいな気分になるからかも。 肩幅が広くて小人という柄ではないが……随時更新します。 ・my chi…

大人になるとは 2

先日、実験を終えた後、家にまっすぐ帰る気分ではなかったので、映画を観に行った。運が良かったのか、前々から見たいと思っていた映画がちょうど良い時間にやっていた。 『How to Talk to Girls at Parties』(邦題:『パーティで女の子に話しかけるには』)…

東京で踊る

僕は、生まれ育った街に帰ってきている。 この記事を書いている2日前から、東京のとある大学の研究所で、微生物の取り扱いを学ぶために長期出張をしているのだ。 僕は物理学専攻ながら、生物を取り扱う研究室に配属している。研究で扱っているのは分裂酵母、…

(2016/11/16) 森見登美彦の『夜行』という本を読んだ。 ひたすらに艶かしい気分になった。しかしここではこれ以上、内容については触れまい。今日ここで語らうのは僕自身の夜の話である。 僕は大学一年の冬から早朝アルバイトをしており、週に2回ほど朝3時半…

(2016/5/10) 一週間前に買ったばかりの傘を壊してしまった。正確には壊したのではなくて、おそらく不良品だったのだと思う。まだ一回しか使ってないのにも関わらず、傘の先端部分から骨がポロリと外れてしまった。ここのところ出費がかさみ、節約を迫られて…

大人になるとは

(2015/12/24) 最近、他愛もない会話の中や日々の生活の中で成人した事実を意識させられる回数が増えた。たまたま読んだPOPEYEの12月号でも『大人になれば。』というテーマのもと、身に付けるべき衣服や女性に対する接し方、食事の作法など様々な観点から都…

うどんとクリーニング

(2015/9/07) うどんが食べたいなと思った。20歳になって高校時代よりは色んなものを食べる機会を得たが、未だに高校の修学旅行で食べた高松の讃岐うどんがひどく美味かったイメージが残っている。そしてそのうどんは恐ろしく美味いのに、これまた恐ろしく…