大人になるとは 2

 先日、実験を終えた後、家にまっすぐ帰る気分ではなかったので、映画を観に行った。運良く前々から見たいと思っていた映画がちょうど良い時間にやっていた。
『How to Talk to Girls at Parties』(邦題:『パーティで女の子に話しかけるには』)

 1970代、パンク全盛のロンドンが舞台の映画である。ダムドの"New Rose”とともに疾走感のあるカメラワークで物語が幕を開け、オープニングからワクワクさせられた。(私達はダムドの音楽でいつだって心踊らされてきた笑)先ほどのイメージやタイトルからもなんとなく察しがつくと思うのだが、この映画は男女の恋愛を主軸において描かれている。物語の中盤で、主人公である内気なパンク少年エンと美しき宇宙人ザン(エル・ファニング)がロンドンの街をデートするシーンがあるのだが、
画面いっぱいが多幸感に満たされていて、見ている最中に思わずため息をついてしまった。

(私が一番好きだった2人で仲良くトマトを頬張るシーン)

 ただ一方でこのシーンの直後から物語が大きく展開し、安いミュージックビデオにも見えるシーンや突飛な描写も多々現れるので、好き嫌いがはっきり分かれそうではあるし、現に辛辣な批評もいくつか目にした。しかし、ヘンテコなところが沢山あるのにも関わらず、私が大いに惹きつけられてしまった。その理由の一つはエル・ファニングのあり得ないくらいの可愛さだと思う。別の理由としては映画のストーリーの構造にあると思う。
 この映画では、規律に閉塞感を感じていたヒロインが、規律から開放される短い期間を得て、自由気ままに過ごす。しかしある転換点を迎え、ヒロインは“子供”から“大人”へと成長するというストーリーが展開される。この手のお話はよくあるのだが、主に代表的なものとして『ローマの休日』があげられる。ローマの休日ではオードリー・ヘップバーン演じるアン王女が数日の逃避行を経て、“子供”から“大人”へと成長している。今作でもザンは自由気ままな逃避行の末、ある変化を迎えたことで“大人”へと成長し、自分の意志で将来を決定することになる。

 以前博識な友人から聞いた話なのだが、アメリカ合衆国アーミッシュ(アーミッシュ - Wikipedia)と呼ばれる人々も似たような体験をするそうだ。厳しい規律を持ち、現代文明と一定の距離を置いて生活を営む彼らだが、16歳になるとラムスプリンガと呼ばれる解放の時を迎える。

ラムスプリンガでは、アーミッシュの掟から完全に解放され、時間制限もない。子供達はその間に酒・タバコ・ドラッグなどを含む、多くの快楽を経験する。そして、18歳成人になる(ラムスプリンガを終える)際に、アーミッシュのコミュニティに戻るか、アーミッシュと絶縁して俗世で暮らすかを選択する事が認められているが、ほとんどのアーミッシュの新成人はそのままアーミッシュであり続けることを選択するといわれる。

 今日の日本において、若者はこのようなイニシエーションの機会を得ることが滅多になく、社会に稚魚のように放流されてしまうイメージが自分の中である。だからこそ、今回見た映画のように“子供”から“大人”になるストーリーが余計心に響いたのだと思う。現に私自身、もうすぐ社会が目の前に迫っているのだが、まだまだ責任を持たない子供のような振る舞いをしてしまっているように感じることがある。
 『How to Talk to Girls at Parties』に話を戻すと、このようなイニシエーションの末にヒロインの下した決断が、恋愛と絡められて切ないものになっていた。
(主人公エンにとってもイニシエーションだったとは思うのだが…)

ここまで読むととても真面目で切ない映画に思えてくるが、基本的にはドイヒーで奇天烈でキュートな映画である。劇中でかかる音楽は、一度でもパンクに魅了されたことのある者にとっては心が踊るものだ。また、これは繰り返すことになるが、とにかくデートのシーンは最高である。

ニコール・キッドマンも魅力的だ)


そんなパンク版 ローマの休日 暇があったら見ることをお勧めする。