大人になる

(2015/12/24)

他愛もない会話の中や日々の生活の中で成人した事を意識させられる事が増えた。

 

POPEYEの12月号では、『大人になれば。』というテーマのもと、身に付けるべき衣服や女性に対する接し方、食事の作法など、様々な観点から、都会的な大人の男のあり方について半分真面目に、半分小馬鹿にしてまとめられていた。

 

そしてこの雑誌では、ネガティヴな意味でも、ポジティブな意味でも『大人』とは一体どういうものを指すのかわからないという姿勢が貫かれており、とても面白かった。


(結構面白かったので、読みたい人は言ってくれれば貸します。)


幼少の頃は、大人に対して明確な定義があったような気がする。
いや、性格に言うと僕には、大人とはこういうものだというクリアなアイコンがあった。
シャーロック・ホームズである。


彼は頭脳明晰で、武道の心得があり、芸術の理解もある。そしてどんな難解な事件でも必ず解決し、隙あらばクールに葉巻を吹かす色男、今思えばなんともイヤな奴である。
?一発ぐらいボディーブローをお見舞いしたい。

 

しかし幼少の僕は当然のように、ああ20歳になれば、こうなるんだろうなと思っていた。僕はこういったダンディーな男になるべくしてこの世に生を授かったのだと思っていた。

 

がこの体たらくである。


知力、体力は衰えるばかり、周りの女性にはなめられっぱなし。

孤独や苦難に直面したら、静かな
顔をして通り過ぎるなんてできやしない。ドッタンバッタンあちこちぶつかって大騒ぎしてしまう。そしてその情けなさに深く落ち込んでしまうことが多々ある。


その上、未だにバーはおろか、TSUTAYAの暖簾を一人でくぐるのですら、緊張してしまう。


ホームズはともかくワトソン君からも遠い存在になってしまっているというのが、悲しいかな、僕の現状だ。


?
改めて、大人って何だ。


いくら歳食ったって、腹立つ奴や許せない事なんて減らない。むしろ増える。


ブラックコーヒーは飲めるようになったけど、飲みすぎるとお腹壊す。この前漏らすギリギリ手前になって、死ぬかと思った。

 

自転車は何度も電柱にぶつけパンクさせてしまうし、授業中に居眠りして起きた時にノートがヨダレでべちゃべちゃになってしまうことなんてしょっちゅうだ。

 

いい加減な事はいちいち口を突いて出てくるけど、肝心な芯の部分は何分待ったって、出て来やしない。

 

成人式に出た時に、昔自分をいじめてた奴がごっついチンピラになって現れ、サッと隠れた僕には、ダンディズムの欠片すらなかった。


ここまで実際に文章に書き起こしてみると、現状が思ってたより惨めでも稚拙でもなかった。
というより実体験なのに思わず笑ってしまった。

?この笑った瞬間、もしや僕は、いや俺は凄いダンディになっていたんじゃないか!?と期待し、とっさに鏡を見たら間抜け面で笑う自分がいた。

世知辛い。
ダンディの権威は今日もハイボールを飲む。